比叡

酒呑み夫婦によるクライミング日記。ボルダリング、ときどきルート。外岩記録、トレーニング日々雑感、コンペ記録などなど。

雪やこんこ~クライマーは喜び岩かじりつき~(2018.2.3比叡)

こんにちは!ともえです。

凍えるような日々が続きますね。

南国と呼ばれる宮崎も決して例外ではなくて・・・

20180210_132124

向かったのは比叡タブの木エリア、ところどころ足元が白い。。どうやら2~3日前にたくさん降ったみたい。
この日も、平均気温2℃とかなりの寒さでした。

ハグレものと出会う


先々週のヤケダケからすっかり、新たな課題触りたい欲求が高まっているワタクシです。
そんなとき、岩場で遭遇したYっちが『ハグレ岩』に行くと言うので、ここぞと合流!

『ハグレ岩』はその名の通り、他の岩から少し離れたところにある、ハグレものみたいな岩です。ハグレちゃっているため、なかなか出会う機会がなかったのです。

3~4級の課題が計4本とコンパクトですが、下地もいいし日も当たるし快適なロケーションですよ~


↑特に面白かったは『300』3級。
怖いのを我慢してバランスで登りきる感じ、気持ちよかったー!

キケンな中毒

さて、『ハグレ岩』では他に『メロンジュース』『サムラゴウチ』(それぞれ4級)を登ったのですが・・・
どちらも、抜けが怖い感じで。

パっと見ホールドのない緩いスラブ面を上に登りきるか、右に回るか・・・迷った結果、怖くない右抜けルートを選びました。
で、このときはそれで十分に満足して(右抜けもおもしろかった)

「できる課題は登っちゃったし、きっともう来ないねー」

と話しながらその場を後にしたのですが・・・
しばらく経って、帰りの車・翌朝・翌晩まで


「上も行けたかな?」

「行ってみてもよかったかな?」

「怖い思いも楽しかったかな?」


と、頭の中をグルグルグルグル・・・

これもしかして、先日の恐怖体験中毒になってる?
あのスリルを求めっちゃってる・・・?

・・・
・・・・・・

イカン。


イカンイカンイカンイカンイカン。

命は大事にしないと。

ね。
ケガしたら登れなくなっちゃうしね。

・・・って必死に言い聞かせてるけど、上抜け挑戦しに行っちゃうかも\(^o^)/
「怖いクライミング」嫌いの自分に、まさかこんな日が来るとは。。スリルの魅力とは恐ろしい。

行き過ぎたらだれか止めてください。。

一方の旦那様

ハグレ岩に(そのときは)満足してウロウロしていると、見慣れた場所で旦那様を発見。
タブの木に来るたびコツコツと触っていた「コルーフ」に本日もトライしているようです。
どうしてもバラせない一手があったようなのですがこの日は・・・?

聞いて聞いて、バラしたっ!

とルンルンで報告する旦那様。そしてそれからあっという間につなげてしまいました。

見ているこちらが手に汗握る、気迫の完登でした。

バラしてから完登までのこのスピード感、見習いたいなぁ・・・

雪と変態と私

さてこの時点でまだ15時と早かったのですが、気温は一気に下がって雪もチラつく空模様。
寒さと完登の満足感で「帰りたい」オーラを発する旦那様と、雪の中で上裸になる変態さん(↓)を横目に見ながら
image

ここまでして、ニット帽とネックウォーマーの効果はあるのかしら


あちらやこちらをウロウロ。

2018-02-03-18-05-38

↑「しゅろ岩」の「しゅろ」4級。
上部にホールドが見当たらず、できなかった。高さがあるため強引に突っ込むのも怖くて敗退。


2018-02-03-17-01-28
↑「ちっちゃ岩」の「エナノ」2級。
一手目から遠い&足がない!敗退・・・

最後は宿題だった「跳び箱5段」5級を声出しながらなんとか完登!
image
小さい岩で、2手または1手で終わるコンパクトな課題なんだけど、

「これ、身長的に無理なやーつだ」

ってずいぶん前に諦めてたんですよね。
なんとかリベンジしようと、スタートをグワッてロックしてヒールをグワッと掻きこんでホワッと手を出したらできた。

こういう「サイズ的に(一般的なムーブでは)無理」な課題を、どうにかこうにか調理して登れたときの達成感たるや!!
グレードは関係ないんですよね。
女性・ちびっこさんたちには共感してもらえるかな?

来週・・・もはや明日だけど、つづける予定・・・(覚悟)
image
------------------

Twitterアカウント、外岩bot作りました。
全国の岩場をゆるーくランダムにつぶやきます。
情報収集に、妄想に、お役立てください。

間違いや追加情報などDMいただけると、3年以内に反映される可能性があります・・・!

比叡でたくさん登った(2018.01.22 比叡)

こんにちは!ともえです。

毎週金曜日はこんな感じ。
これだけ毎週岩に通うと、「気になる課題はほとんど触っちゃったなー」(※ただし登れたとは言ってない)感で、刺激不足。(※ただし登れたとは)

「今、また新鮮な気持ちを!」ってことで、お久しヤケダケエリアに行ってきましたー。
昨年5月の公開後、素晴らしいエリアに感動しながら通っていたのですが、ケガして行けなくなったらそのまま足が遠のいちゃったんですよね。

下ネタざんまい


最初に行ったのは駐車場からすぐの「おしん岩」。
  • オチン 2級
  • ポチンカス 3級
  • ポチンカー 2級
  • オチンカー 5級
  • おしん 2級
  • パチンカー 1級
・・・下ネタ言いたくて仕方ない小学生かっ!

とツッコミを入れつつ、とりついたのは斎藤喜子さん初登の

『使い込み』
うーん、さすが喜子さん、命名センスが大人。

さてヤケダケで喜子さん初登の課題と言えばめちゃめちゃ辛いことで有名ですが(我が家ではこれを喜子マジックと呼んでいる)、「よーしまずは使い込むぞ」とウッカリこの課題をアップ用に選んでしまったのが災難の始まり。

2018-01-20-11-35-14

AN☆NO☆JO

一手も止まらず敗退\(^o^)/


その後も『オチンカー 5級』や『ポチンカス 3級』に敗退し
「下ネタ言う男子ってサイテー」と捨て台詞を残してその場を去るのでした・・・。

もしかしたら下ネタだと思うのは私の心が汚れているからかもしれない。課題名の経緯をご存知の方がいたら教えてください・・・。

死を覚悟した

向かった先はすぐお隣の『チンポポンカス』
少し触ってみるとバランシーな抱え込み系!ですっかり楽しくなり、しばらく打ち込み。
遠いガバ取り(多分核心)もなんとか解決して上部に立ったのですが・・・


・・・・
・・・・

抜けられない!

ホールドも見つからない。

足・・・この頼りない点に上げて乗り込む??
多分、滑ったら死ぬなぁ・・・。

横に逃げたいけど、そっちにも足がない。
来たルートも戻れない。

ものすごい緊張。
ゼェハァと過呼吸気味になる。
「登ろうとして落ちるよりは、今転がり落ちた方が軽症で済むのでは?」と悩み・・・

5分かけて(「これは死ぬかな」と何度か思いながら)なんとか抜けきりました。

「死ぬかと思ったー!!!」とひとり叫び、しばらく放心して、次にきたのが、これまで感じたことのない充実感と喜び。

やったことないけど、トラッドやフリーソロの喜びってこれに近いのかなと想像しました。
でももうやりたくない・・・( ;∀;) 寿命がなくなっちゃう。

一方の旦那様。

2018-01-20-12-08-10
2018-01-20-13-55-02
ヤケダケでは別行動で、「ゼブラ」や「ガガラ」「ガシラ」等に種まきをしていたご様子。

その後はタブの木エリアに移動。
image
↑デルビヨのリップ取りがかなり惜しい感じになってるー!!(本人は「俺ってカスだなぁ」と不満みたいだけど)

宮崎の練り物てげうめっちゃが

タブノキではマンジン1Qを触ったり(初めてリップが止まったけど、核心はこの後らしい)、

宿題だった『タブの木』4Qを登ったりしておりました。
image
↑右側のチョークついたライン。 中間部の右手出しが遠いのです。

時間は前後するけど、ヤケダケにて登った 『じゃこ天』3Q のご紹介。
薄く切り立ったキレイなフェースのラインで(下地もいい!)、遠いガバ取りなんかも楽しかった。おススメです。
しかし前述の通り切り立っているので、降りるのは↓
「結局下ネタかいっ」と自分でツッコミを入れつつ

夜は道の駅で買ったあじ天で乾杯。
image

来週に続く!
------------------

Twitterアカウント、外岩bot作りました。
全国の岩場をゆるーくランダムにつぶやきます。
情報収集に、妄想に、お役立てください。

間違いや追加情報などDMいただけると、3年以内に反映される可能性があります・・・!

心のままに(2018.1.14 比叡)

愛用のMacちゃんが壊れまして。

しばらく更新が滞っておりました。

おまけに財布をなくしまして。

メンタルもぶっ壊れておりました。

ようやく、Macもメンタルも治ったので、ブログ再開です!

が、1/7と1/13のことは、もはやよく覚えてないので、ダイジェストで。

1月7日、比叡

タブノキへ。

たくさんの地元クライマーで賑わって、楽しげな雰囲気。

まだ見ぬ至高のラインを求めて、エリア最上部まで行ったら、あるじゃないですか、超coolなクラックが。
IMG_4683 copy
妻と二人、死ぬ気でトライしたけど、1mmもケツを浮かすことができないまま敗退。

なんか良いムーブがあるのかしら、、、。

1月13日、日之影

奥様が、ミナミコクバル(2級)を完登。

一緒に登ったけど、すごくいいラインだった。

この日は奥様の誕生日ってことで、奮発して高千穂の温泉旅館へ。

食って飲んで温泉入って大満喫。

心のままに

さて、1月14日です。

いきなりですが、昨年の岩登りには、大きな反省があります。

しかも、目標の50段に対して結果は47段という、しょうもない結末、、、、

今年は心ゆくままに登ります。

初登もしたいので、夏になったら岩探しもしようかしら。

というわけで、以前から気になってたマンジン(1級)にトライ。
IMG_4702 copy
リップが想像以上に悪くてかなりハマったけど、必死になってなんとか完登。

フットホールドも悪く、正確な動きが求められる名作でした。

妻のマンジンを応援しつつ、隣の「イソジン(2段)」もトライ。

ナンジャコリャ?って感じだったけど、よく見ると、何箇所かホールドはありそう。

あーでもないこーでもないと試行錯誤をする、至福のときを過ごす。

何箇所か解決できなかったけど、全体的にムーブは作れたので、また次回頑張りたい。

この課題、あまり人気ないっぽいけど、名作の予感。

あとはもう敗退祭り

あとはもう、恒例の敗退祭り。
今の実力で登れそうな課題は、一通り登ってしまった感があるので、今年は打ち込むことが増えそうだなぁ。

メンタル強く頑張ろう。

あ、そうそう、なくしてた財布ですが、友人が、岩場の駐車場で発見してくれました。

ありがとう!!

来週に続く!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Instagram


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


来年も楽しいクライミングライフを(2017.12.30 比叡)

前日、疲れ果ててかなり早い時間に寝てしまった結果、2時に目がさめる。
寝ようと思えどなかなか寝れず、5時ごろ、悟りを開いた。
朝食を食べ、眠い目をこすりながら岩場へ。

今年最後の岩登り、スタート。

リベンジならず

昨日登れなかったエピックにリベンジしようと大谷へ。

アップしてトライすると、ラスト1手がかなり惜しい感じ。

が、ここで指に盛大に穴があき終了。
比叡で2日連続で登ると、だいたい、指皮が先に終わる。

残念だけど、本当に良いラインなので、来年またトライできるのが楽しみだ!

あとはもうのんびり

妻のお目当、ピーチボーイをやりに鳥居へ。
IMG_4627 copy

僕は、中間部からスタートするA201(2段)にトライしてみた。

すでにこの課題を登っている友人から話を聞いていて、初手をとったら手に足ヒールで2手目を取るらしい。

のだが、圧倒的クライミングセンスの無さを遺憾なく発揮、全くできるイメージがわかない。

ヒールなんか全然かかんねーよ!と、やけになってサイファーで飛んだら止まった。

僕のクライミング、なんかいつもこんな感じ。

これで登れるかと思いきや、その後も悪い。

頑張ってトライを重ねていたら、ヒールしている右足の膝が、パキッっと鳴った。

やばい!と思ったら、案の定、膝の外側が少し痛い。

大事をとって、トライ終了。

のんびり、妻の応援に徹した。

その後も頑張っていた妻だが、上部の遠い1手を解決できず。

これにて、今年の登り納め完了。

大きな怪我がなく良かった

移住後の生活もだいぶ落ち着き、今年、特に11月と12月は、かなりクライミングに集中できた。

おかげさまで、それなりにたくさん登れたけど、何より、僕も妻も大きな怪我がなかったのが、一番良かった。

来年も、怪我なく登れますように。


そして、九州の岩場を開拓・維持管理していただいてるすべての皆様、今年もありがとうございました。

おかげさまで楽しい1年になりました。


来年も、すべてのクライマーが、怪我なく楽しいクライミングライフを送れますように。

2018年に続く!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Instagram


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

岩を登るということ(2017.12.29 比叡)

登り納めは、1泊2日で比叡に決定。

今年も怪我なく終えられますように。

アップでわかるやつ。

とりあえずタブノキエリアに行ってアップ。

明らかに身体が重い、、、。

たまにありますよね、準備運動からしてこりゃダメだーってとき。

何も、今年の最後にやってこなくても、、、。

とりあえずデルビヨにトライしてみたけど全然ダメだった。


まあ、来年頑張ろう!

名ライン発見。

妻のお目当、酒越しの舞をやりに大谷へ移動。

僕は、以前から気になっていたエピック(2/3段)にトライしてみた。

このライン、気になりつつも、いつもクラックが濡れていて、なかなか手をつけられずにいた。

この日もちょっと湿気ってたけど、登れないこともない。

最初はナンジャコリャーって感じだったけど、やっているうちに、1手1手解決。

それを取れば終わりっぽいガバっぽいホールドの手前まではたどり着けた。
IMG_4630

が、その1手がムズイ&コワイ。

結局解決できないまま、ヨレて敗退。

ただ、すごく満足感があって、登れない悔しさよりも、またこの課題にトライできる嬉しさの方が大きかった。

こんなに満足感があるのは久しぶりで、改めて、自分の岩登りについて考えさせられた。

自己満足の追求。

当然だけど、僕はプロクライマーではないので、クライミングという行為に経済的価値は全くない。

完全に、単なる趣味、暇つぶし、自己満足の世界だ。

でも、だからこそ、とことん自己満足を追求すべきだと思っているし、どうしたら追求できるかを、改めて考えていた。


課題を登りたいのではなくて、岩を登りたいのだ。

高グレードのラインを登りたいのではなくて、自分にとっての困難を克服したいのだ。

来年も、とことん自己満足を追求した岩登りをしよう。

素直にそう思えた、良い日だった。

本当は、もう少し色々と考えていたのだが、まだモヤモヤしてうまく言語化できないので、整理できたらまた文章にしてみたいと思う。


一方の奥様

自分のことばかりで奥様のコーナーを忘れていた!

酒越しの舞をトライした奥様、3手目のクロスムーブの精度がなかなか上がらないようだ。

そのうち嫌になって、周辺をウロウロした結果、名作の5級を見つけたらしい。

気に入ったようで、2回登っていた。

彼女もまた、彼女なりの自己満足を追求しているのだなぁ。

地元で一泊。

キャンプは寒そうだったので、地元のビジネスホテルで一泊。
meshi

少しでも指皮が回復しないかと、たくさん食べて就寝。

明日に続く!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Instagram


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







ギャラリー
  • 岸良よいとこ一度はおいで!(2/6~2/24)
  • 岸良よいとこ一度はおいで!(2/6~2/24)
  • 岸良よいとこ一度はおいで!(2/6~2/24)
  • カランコロンの日々(1/19~2/2)
  • カランコロンの日々(1/19~2/2)
  • カランコロンへ一度はおいで!(1/11~1/18)
  • カランコロンへ一度はおいで!(1/11~1/18)
  • カランコロンへ一度はおいで!(1/11~1/18)
  • カランコロンへ一度はおいで!(1/11~1/18)