雨が続いたり、妙に暑かったり、冬なのに天候が安定しませんなぁ。

1/19 カランコロン

前日に続き、二日連続でカランコロンエリアへ。

エリア入口の岩でアップしたけど、身体は重いし指皮はピリピリと痛むし、辛い1日になりそうだ。

とりあえず、昨日ムーブを解決しておいたアストラル(2段)を気合いで登る。

小ぶりながらも動きのあるムーブで面白い。


その後、エリア上部に上がっていったところ、地元の高校生クライマー、ゆーたくんに遭遇。

一緒になんかやるか!ってことで、まずは「ノイナー(3段+)」にトライ。

実質3手かな、傾斜が強くホールドも悪い。

初手はゆーたくんが解決、3手目は僕が解決、2手目はふたりとも出来ず。

やってれば出来そう感もなくはないのだが、とりあえず次!

ってことで、続いて「渦(4段−)」にトライ。
IMG_20200119_145835

ぱっと見いけそうじゃない?とか言いながら、やってみるとムズいっていう、いつものパターン。

セッション効果もあり、なんとか核心の1手以外は解決したが、その1手ができない&できたとしても繋げるの超きつい!

ということで撤退。

ゆーたくんはその後も果敢に3段のラインをトライしていたが、おじさんはもう身体も指皮も完全に終了していたのでのんびり見学。

カランコロンの岩たちを登りきる日はいつのことやら、、、。

2/1 日之影

雨続きで久しぶりの岩。

翌日がカランコロンの予定で、カランコロンで連登するのは指皮がやばいということを学んだので、日之影へ。

先日ムーブを解決したAntiGravityをやりたかったのだが、雨が降ったのかホールドがしっとりしており、泣く泣く断念。

日が当たらないし岩のうえに苔がはえてるので、乾きにくいようだ。

まさかの予定変更にどうするしばらく考えたが、小山田さんが初登したばかりの「Obsidian(V13)」を見に行ってみることに。

うん、カッコよい(そして写真がない)

もちろん、グレード的に登れるとも思ってないのだが、とりあえず触ってみる。

予想通りハードな上に高さもかなりあり、この日は1人だったのでマットの枚数も少なく、深追いはせずに数トライで終了。

こんど、妻に付き合ってもらおう。


何も登らないで帰るのもアレなので、同じ岩にある最近初登された2本のラインを登った。

どちらもオススメです!

glorious(3段−)


霞(3段−)

次回はAntiGravityできるといいなぁ。


2/2 カランコロン

カランコロンへ。お目当ては、妻の「忘却(初段)」

が、この日は2月とは思えない暑さ。日が当たるところは半袖でも暑い。

ヌメりそうだな〜と思いつつ、とりあえず妻と一緒に忘却にトライ。

まず僕が登り、妻もムーブは解決。

ってことで、しばらくは応援&スポットに徹していたのだが、暑さもあり、なかなかつながらない。

夕方の涼しい時間を待つとのことなので、先日トライした「渦(4段−)」へ移動。

気温は高いが、日陰になってるのでなんとか登れそう。
IMG_20200202_160422

先日に比べてホールドが持てて、ついに未解決だった1手も解決できた。

が、つながる気配は皆無。

僕のムーブで13手ほどあるのだが、核心周辺の3手が超ハードだし、核心以外もそれなりに悪い。

もっと涼しい日にリベンジしてみよう。


気づけばだいぶ日もかたむいてきて、いよいよ妻のつなげトライ。

見事に1発で登ってた。やっぱコンディションが大事だねぇ。

しかし、今年に入ってから「バラせたけどつながる気配がない課題」が増える一方、、、、。

シーズンをまたぐとムーブを思い出すところからになるので、なんとかシーズン中に登り切りたいが、もう2月だし、どうなることやら。


そんな感じの、岩登りでした!