2015年06月

酒呑み夫婦によるクライミング日記。ボルダリング、ときどきルート。外岩記録、トレーニング日々雑感、コンペ記録などなど。

Fontainebleau 岩登りDay8(Last Day)

最終日はFranchard Isatisへ。

最終日なので気分良く登ろうと、ぱっと見で惹かれたラインをトライ。

7aを3本ほど登り、楽しかった岩登りもおしまい。


s'capeにマットを返却し、フォンテーヌブローの街を少しぶらぶらして帰宅。



2週間という期間は、この無数の岩たちを登るには短すぎたけれど、大きな怪我もなく楽しく登れたので満足。

そういえば、この日は初めて、岩場で日本の方に遭遇した。約1ヶ月の滞在だそうで、うらやましい、、、。



さて、日本に帰ろう。

フランスのスーパーでの買い物が楽しい

フランスのジト暮らしでは、自炊もするので食材等の買い出しも必須。
このお買い物が、超楽しい。

野菜がごろごろー

1kg辺りの値段が表示されていて、

欲しい量を袋に入れたら機械で重さを測って、

出てきたシールを袋に貼り付けます。

このシールには値段とバーコードが印刷されていて、レジに持っていくと他の商品同様にピピッと読み込んでくれます。

ところで、↑の写真を良く見るとわかるのですが、、、
野菜、めちゃめちゃ安いです。
大きめのトマトが1個70円、ホワイトマッシュルーム10個で80円、パプリカ(これも大きい)が80円、レタス(やっぱり大きい)1玉140円等々…。

ちなみにトマトは日本では見かけないこんなデコボコ?なものがどこのスーパーにも売っていて、これがめちゃめちゃ甘くて美味しい。

おそらく煮込み用?の硬めのトマトも別に売っています。
野菜の他にも、超多種類のチーズやシャルキュトリー(ハムとかテリーヌとか)、焼き立てパンなどが、日本では考えられないくらい安く売っていて、買い物がとてつもなく楽しいんです。。

1週間過ぎると、冷蔵庫はこんなにフランスの田舎風?に…

…よく見たら半分以上ビールとワインだ…(´・_・`)
そうそう、言わずもがなですが、ワインも豊富で安いです。

呑んだくれの2人が11泊で飲んだワイン+ビールはこのくらい。

予想より少なかったかな…?

さて次回は、買い出した食材で作ったフランス家庭料理?も記事にしてみようかと思っています。

◼︎最後に
これは私たちが借りていたジトがブローから離れていたからで、ブローの街中にもスーパーはあります。
フランスでは、スーパーマーケットのことをSuper Marchéとか英語でSuper Marcketとか単なるMarchéと呼ぶみたいなので、探すときはこの辺をキーワードにしてみると良いかもしれないです。

Fontainebleau 岩登りDay7

この日はFranchard Cuisiniéreへ。

アプローチは約1キロ程と少し歩くが、整備された平坦な道であるため、それ程苦にはならなかった。



Miséricorde 7c+/8a ★

めちゃくちゃカッコ良い岩だったが、高さが7〜8mはあったので、心が折れて断念。マットが5枚くらいあったらやってみたい、、、かな。


Karma 8a+ ★

言わずと知れた有名課題。

記念受験ならぬ記念トライをしてみたが、初手からしてめちゃくちゃ悪く、アッサリと退散。



そんな感じで有名課題を冷やかしつつ、身の丈にあった課題にもトライ。

この日登れた中で一番面白かったのはBlocage Mental(asis)7a+
パワフルな下部、ダイナミックな上部、緊張感のあるマントルと、いろいろな要素が詰まった課題だった。


残り1日。楽しむのみ。


Fontainebleau 岩登りDay6

この日はRocher Canonというエリアへ。
前日までの猛暑が何処へやら、朝から涼しくて快適な気候。

このエリアは、コンパクトながらも良質な岩が密集しており、アプローチ、下地ともに良好の良いエリアだった。


見るからに面白そうなla Mare Droieという課題があったので、トライ。

スタンドで7b、ロースタートで7b+とのことで、まずはスタンドをやろうかと思ったのだが、フランスに来てから幾度となく味わっている、スタートホールドに手が届かない現象が発生。


マットを積むのも癪なので、ハナからロースタートにトライした。


スタンドのスタートホールドまで、私のムーブで4手追加になるのだが、この4手がなかなかに強烈で、下から繋げると7bのパートが辛くなる。

何度かパート練習をし、繋げトライでマントル落ちを4〜5回繰り返したのち、やっと登れた。
Ia Mare Droite(low start) 7b+ ☆

とても良い課題だった。


その後、妻がトライしていた6aと6a+に混ざるが、これがめちゃくちゃ難しく、2人揃って見事に敗退したところで帰宅。


フォンテーヌブロー、甘くないっす。

Fontainebleau 岩登りDay5

4連登で若干重い身体を引きずり、Bas Cuvier へ。

おそらく、ブローで一番メジャーであるこのエリアは、アプローチは短いし(車停めたら目の前が岩)、下地は良いし(大半は砂の下地)、とても気持ちが良い。


日曜日のメジャーエリアということで、たくさんの人で賑わっていた。

海外の方ともセッション。

やはり、みんなでワイワイセッションするのはとても楽しい。



これまで、7a前後の比較的優しめの課題を登っていたので、この日は7cくらいの課題にも挑戦してみた。

やはり相当に厳しく、1日で落とすことは出来なかったが、可能性を感じる課題もあったので、機会があればまたトライしたい。


明日は1日レストでパリを観光。岩を登れるのは残り3日。

引き続き、楽しく登りたい。
ギャラリー
  • 岸良よいとこ一度はおいで!(2/6~2/24)
  • 岸良よいとこ一度はおいで!(2/6~2/24)
  • 岸良よいとこ一度はおいで!(2/6~2/24)
  • カランコロンの日々(1/19~2/2)
  • カランコロンの日々(1/19~2/2)
  • カランコロンへ一度はおいで!(1/11~1/18)
  • カランコロンへ一度はおいで!(1/11~1/18)
  • カランコロンへ一度はおいで!(1/11~1/18)
  • カランコロンへ一度はおいで!(1/11~1/18)